はじめてロードバイク用のヘルメットを買った話

エピソード
スポンサーリンク

はじめて自転車用のヘルメットを買ったときの話

2006年、ロードバイクに乗りはじめた時、どうしても自転車用のヘルメットが好きになれませんでした。

ロードバイクのヘルメットはダサくてかぶりたくない!

こんなふうに感じている方は多いのではないでしょうか?

ロードバイクを購入したばかりの僕もそうでした。

 

しかーし!

ロードバイク に乗るならヘルメットは絶対にかぶること!

乗るならかぶれ! かぶらないなら乗るな!

今回は僕がヘルメットを購入した話をしたいと思います。

ロードバイクにヘルメット着用義務はないけど装着は必須です

道路交通法上はロードバイクにヘルメットの着用義務はありません。

しかし、ロードバイクに乗るなら絶対にヘルメットをかぶりましょう!

ロードバイクは常に危険と隣り合わせです。

特にビンディングペダルを使っている人は、とっさに外すことはまず不可能です。

ロードバイクで高速走行中にバランスを崩して転倒して頭を打ったら・・・

車や他の自転車と接触して飛ばされて頭でも打ったら・・・

想像しただけで恐ろしくなりますが、これらの危険は十分起こり得ます。

ロードバイク乗りの方はほぼみなさんヘルメットをかぶっている

ロードバイクで走っているとよく他のロードバイクとすれ違います。

当然ですがみなさんしっかりヘルメットをかぶっています。

そんな光景を目にすると、やはりヘルメットはかぶらないとまずいなと感じます。

ヘルメットをかぶらず帽子をかぶっているなんてなんかロードバイクを侮辱している気がしてきました。

それになんとなくですが、周りのロードバイク乗りのみなさんの視線が冷たくも感じられました。

きっとこれは事実そうだったと思います。

現在の僕もノーヘルでロードバイクに乗っている人を見るとちょっと引きます。

さすがにこれではまずいなと感じ、ヘルメットを買うことにしました。

今思えば、ロードバイクの購入時に店員さんにヘルメットをすすめられなかったことが不思議です。

ママチャリメインの一般店だったとはいえちょっとお粗末な印象です。

ヘルメット購入時の留意点

当時の僕は、自転車のヘルメットなんてどれもみな同じだと思っていました。

ですので、いろいろ調べるようなことはせず、ロードバイクを購入した自転車屋へ行き、購入時にお世話になった店員さんを捕まえて、ヘルメットを選んでもらいました。

費用をケチったため、かぶると思いっきりキノコ頭になる大きくて重たいヘルメットを購入しました。

最初に買ったヘルメット

OGKのヘルメットで、たしか6,000円くらいだったと思います。

当時はこれでまた少しロードバイク乗りに近づけたと喜んだものです。

しかし、知識が乏しい状態で購入してしまったヘルメットだっただけに、だんだん軽くてカッコいいものが欲しくなりました。

結局このヘルメットは1年くらいで買い換えました。

 

これからヘルメットを購入する場合はしっかり調べた方が良いです。

僕のように後で後悔しないよう、少々値が張っても軽くて通気性が良くてカッコいいものを選んでください!

ロードバイクのヘルメットを買うならスポーツサイクル専門店で!

一般の自転車店ではどちらかというと入門用で安価なものしか置かれていません。

デザイン的にもイマイチですので、ヘルメットを購入する場合はスポーツバイク専門店で購入されることをおすすめします。

ヘルメットはしっかり頭にフィットしなければ意味がありません。

ですからできるだけ実店舗で試してから購入することをおすすめします。

きっと店員さんもいろいろとアドバイスしてくれるでしょう。

良いお店との出会いは重要です。

そう、店員さんの対応の良いお店を見つけることって意外と重要だったりします。

多くのお客さんがお店にやってきて、来店しているお客さんがみんな笑顔。

そんなお店を見つけられれば最高です。

 

なぜこんなことを言うのか?

実はお店選びを失敗してちょっと後悔した過去があるもので。

この件についてはいつかまた別の機会に記します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました