入間川サイクリングロードで知る川越の観光名所 20.8.21

boroblog.jpダイアリー
スポンサーリンク

入間川サイクリングロードで知る川越の観光名所

今朝は荒川サイクリングロード、入間川サイクリングロードを走ってきました。

入間川サイクリングロードにはさりげなく地元川越の情報が散りばめられていました。

 

朝のサイクリングロード

今朝もまだ涼しいサイクリングロードを走ってきました。

 

 

荒川サイクリングロードを離れ圏央道の下を走ります。

路肩が広く、路面もきれいなのでとても走りやすいです。

午前中は日陰なので涼しいのもGOOD!

 

魚影の濃すぎる越辺川

今日は釣り人の姿はありませんね。

何気なく川の中を覗いてみるとなにかが動いていました。

 

 

鯉です。

 

ざっくり確認できただけで5尾もの鯉が泳いでいました。

 

鯉の他にもたくさんの魚が泳いでいました。

これはハヤ(ウグイ)かな?

太陽の光を受けてキラキラ輝いていました。

 

入間川

川の中に白いものが立っていました。

 

どうやら白鷺のようです。

普段ロードバイクに乗ってそうなほどスタイルが良くて美しい。

 

入間川サイクリングロードで知る川越の観光名所

サイクリングロードにはめ込まれた絵を発見

 

ほろかけ祭り

「ほろかけ祭り」の絵でした。

 

「ほろかけ祭り」は「ほろ祭り」とも呼ばれていて、毎年9月に川越の古尾谷八幡神社で五穀豊穣と子供の成長を願って行われるお祭りです。

「ほろ」とは36本の竹ひごに和紙で作ったピンクのひらひらがついたもので、これを子供が背負って歩きます。

 

「ほろかけ祭り」はなんと平安時代から続いていると言われています。

残念ながら今年(令和2年)は中止になりました。

 

「ほろかけ祭り」の詳細についてはこちら↓

県指定文化財 ほろ祭/川越市

 

 

橋にはちょっと不気味な「五百羅漢」の絵がありました。

 

五百羅漢

「五百羅漢」は、川越の喜多院にある日本3大羅漢の一つです。

喜多院には様々な表情の538体もの羅漢様が鎮座しています。

 

「五百羅漢」の詳細についてはこちら↓

五百羅漢 - 川越大師 喜多院
川越の観光名所の中でも、ことのほか人気の高い喜多院の五百羅漢。日本三大羅漢の一つに数えられます。この五百余りの羅漢さまは、川越北田島の志誠(しじょう)の発願により、天明2年(1782)から文政8年(1...

 

NALC PERFECT UV PROTECTウォータープルーフ

本日の走行実績

本日の走行データ

Cateye Cycling Data

 

本日の走行時間2時間5分
本日の走行距離49.06km
今月の走行距離 累計946.48km
1,000km達成までの残り53.52km

 

川越には美味しい食べ物もたくさんあるので、ロードバイクで川越観光&食べ歩きなんて楽しそうですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました